eBayとヤフオクで安定した副収入が手に入り続ける
グーグル攻略編 SEO対策セミナー

2009年09月05日

「利益のでる商品が見つからない」と悩みます。

「利益のでる商品が見つからない」と悩みます。

オークションビジネスをはじめた人のほとんどがまず「利益のでる商品が見つからない」と悩みます。運よくすばらしい商品を見つけることが出来たとしても、仕入れや出品・梱包などに多くの時間をとられ到底楽チンに稼げているとはいえない状況に陥る方がほとんどです。

 これらはレベルの低い情報が数多く出回っていることが原因です。
 本屋に行くとオークション関連の本が一列を占めます。
 Amazon.co.jpで「オークション」と検索すると"稼ぐ"、"儲かる"という言葉ばかりです。
 インターネットには把握しきれないほどの情報商材が売りに出されています。

 私がこのページを書いた理由は、これらの悩みを一挙に解決するためです。




 自由に使えるお金を増やしながら、自由に使える時間を増やしていくことを目的としているのが日本人のためのオークションビジネスモデル「オークションアービトラージ」です。このビジネスモデルではこの3つ以外にも・・・

 オークションで高く落札される販売力

 有利に仕入れを進めるための交渉力

 短時間に作業を完了させる高い集中力

 一度に商品知識を得る情報収集術

 業務を円滑に進めるマネジメント力

 商品の売れ行きを先読みする洞察力

 …などなど、小手先のテクニックではなくオークションビジネスに必要なスキルを一挙に習得し、より自由な時間とより自由なお金を手に入れることを目的としています。

 これらは決して「才能」や「センス」が必要な話ではありません。

 あなたが稼ぐためにすることは、流行する商品を見つけ出したり、アイディア商品を開発することではありません。利益がでることが分かりきっている商品を、手間をかけずに売ることです。




たったこれだけの作業で稼ぐことが出来ます。

 利益の見込める商品をたった2時間で見つけることができます。(しかもブームに流されない商品だから長期間あなたに利益をもたらします)

 商品の仕入れに必要な時間は30分未満です。あなたの都合がいい時間に作業を行うだけで欲しい商品を仕入れることが出来ます。

 1商品の出品にかかる時間は10分もかかりません。(時間をかけなくても高く売ることができるのがオークションの特徴です。)

 たった10円の出品料を払うだけで1000を超えるアクセスを集め、100回以上入札されることができます。(一般的にネットビジネスでは1アクセス集めるために10円使います。)

 これらの作業はすべてパソコンとインターネットがあれば出来てしまいます。(事実、私はこのビジネスのために外を歩き回ったことは一度もありません。)
世界を貯金箱に変える!!eBayとヤフオクで安定した副収入が手に入り続ける、業界騒然の本当に稼いだ真実の方法『オークションアービトラージ〜完全実践型プログラム』




これは、オークションですでに落札されたiPod Classic 120GBです。定価29800円で販売されているもので、オークションでも大体25000円から27000円くらいで販売されています。このiPodは米国製ですが、iPodは世界共通製品なので、どこの国で買っても同じものが購入できます。

  落札金額は27000円です。この金額を覚えていてくださいね。(念のため言っておきますが、上記のオークションは私の出品したものではありません。)



 どうですか?わかりますか?

  なんとeBayでは、ほとんど同じ時期にまったく同じ商品が18831円で落札されています。

つまり、eBayで仕入れてヤフーオークションで売るだけで、
27000円-18831円=8169円の利益が出るのです。

 eBayでiPodに入札するのに1分、輸入手続きに2分、出品するのに5分かかったとすると、約10分くらいの労働で8000円もの儲けがあります。時給に換算すると48000円ですね。

 しかも、この方法は家から一歩も外にでる必要はありません。パジャマでもOKです。

 また、時間の制約もありません。会社から帰ってきたほんの数十分の隙間でも十分おさまります。

 この方法は日本人であるあなただからこそ可能な方法です。世界で一番大きなオークションサイトeBay(取引価格約6兆円)とともに、日本独自のオークションサイトYahoo!オークション(取引価格約7600億円)、この2大オークションサイトを上の例のように自由に使うことができるのは日本語と英語が使える日本人だけと言っていいでしょう。
世界を貯金箱に変える!!eBayとヤフオクで安定した副収入が手に入り続ける、業界騒然の本当に稼いだ真実の方法『オークションアービトラージ〜完全実践型プログラム』





eBayとヤフオクで安定した副収入が手に入り続ける、
posted by eBayとヤフオク at 16:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヤフーオークションで売り上げ 3000万円を超えました。

ヤフーオークションで売り上げ 3000万円を超えました。

これは平成20年度の私の会社の業績です。年間の売り上げ=年商は9610万1324円です。このうちほぼ100%がヤフーオークションで売り上げたものです。儲けを表す年間利益は3168万3794円。3000万円を超えました。

 もちろんこれは私一人で稼ぎ出したわけではありません。私の会社の社員は私を含めて4名おり、それぞれがまったく違う商材でオークションに出品をして稼ぎ出しています。私はほとんど働いていないので、他の3人が一人3000万円超ずつ売り上げている計算になります。

ヤフーオークションでここまで効率よく売り上げている会社はほんの数社でしょう。



”税理士の私が作成し税務署に提出した、偽りのない数字です。”

この商材は、オークションビジネスのポイントがコンパクトに、しかも平易にまとめられていますね。
そして全編が体系的に構成され、非常に分かり易く仕上がっていると思います。
内容も非常に濃いですね。特に、第6章の「仕入れ編」は圧巻ですね。まだ一般的に知られていないノウハウをここまでオープンにしていいのか!?これを他の人に知られて真似されると、会社の業績に悪影響を及ぼすのではないかと非常に心配したほどでした。
また第9章の「展開編」で紹介されている「経営の数字的な話」は、税理士の私でも脱帽するほどの戦略的会計思考です。でも、これは商売をする上で非常に重要なことなので、個人的には第9章が特にお薦めですね。
ネットの世界にはいろいろな情報商材が出回っています。でも、その中でどれだけの商材が”本物”なのでしょうか。少なくとも、この商材に関して言えば、”本物”だと思います。
最後に、第1章「序章」に損益計算書が出てきますが(売上高と売上総利益が出てくる箇所です。)
あれは、正真正銘、顧問税理士の私が作成し税務署に提出した、偽りのない数字です。



ヤフオク商材を販売している人の中には、「私は年商1100万ですよ!」とか「6ヶ月で400万円!」とかスケールの小さい売り上げを誇示して商材を販売している人もいます。すでにご存知の通り、私は2年間で1億7千万円以上を売り上げました。文字通り、桁違いな稼ぎです。
世界を貯金箱に変える!!eBayとヤフオクで安定した副収入が手に入り続ける、業界騒然の本当に稼いだ真実の方法『オークションアービトラージ〜完全実践型プログラム』




 私は現在、ヤフーオークションストアを3つ運営しています。すべての店舗が大きな利益を上げて、総合して年商1億円近くまで行くことができました。

ヤフーオークションストアの売上もご覧ください。
posted by eBayとヤフオク at 16:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2年で1億7千万円を売り上げた再現性の高いネットビジネスモデル

2年で1億7千万円を売り上げた再現性の高いネットビジネスモデル

世界を貯金箱に変える!!eBayとヤフオクで安定した副収入が手に入り続ける、業界騒然の本当に稼いだ真実の方法『オークションアービトラージ〜完全実践型プログラム』











これからこのページでお話しする方法は、私自身がたったの2年で1億7224万5553円を稼いだ"そのままの"真実であり、ある業界関係者から「こんな安い値段で販売しないでください」と発売中止の要請までされた、これまでのオークションノウハウには類を見ないレベルの高い方法です。

 この方法では、ただお金を稼ぐことを目的としていません。「ライフワークバランス」つまり仕事だけでなく愛する家族や自分自身のための自由な時間を、仕事や家事に追われている今以上に確保することをも目的としています。だからこそ、私の様に年商1億円規模の会社の社長になることも、週末の空いた時間を使って5万円のお小遣い稼ぎをすることも、この方法によって叶えることができると信じています。

 それではいかにこの方法あなたにとって嬉しい情報かをご覧ください。
posted by eBayとヤフオク at 16:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
eBayとヤフオクで安定した副収入が手に入り続ける
グーグル攻略編 SEO対策セミナー
副収入ゲット
ネットビジネス成功へ
情報起業で副収入ゲットしよう
副収入もらいましょう
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。